ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
発症前SOD1変異モデルマウスへの、抗ヒスタミン薬clemastine投与は病態改善効果を有する
▽抗ヒスタミン薬のclemastineはFDAに認可されている薬剤ですが、近年、SOD1変異モデルマウスのミクログリアにおいて、M1(傷害性)/M2(保護性)スイッチに影響を及ぼすことが報告されています。

▽今回、研究者らは、SOD1変異ALSモデルマウスに対してclemastineを投与し、病態進行に与える影響について調べました。

▽その結果、発症前(生後40日齢)から生後120日齢までのclemastine(50mg/kg)投与は、発症を有意に遅延させ、生存期間を約10%延長させました。clemastine投与は運動神経細胞を保護し、炎症パラメータを減少し、SOD1蛋白質濃度を減少させました。

▽長期間のclemastine投与は、生存期間を改善しませんでした。長期投与は病態改善に有益な効果を与えませんでした。培養神経細胞においてclemastineは自食作用を亢進させることがわかりました。

▽以上の結果は、発症前から早期におけるclemastine投与がSOD1変異ALSの病態改善に有益な効果を有する可能性を示唆しており、今後の検証がまたれます

(この研究は、イタリア、Santa Lucia FoundationのApolloniらにより報告され、平成28年8月22日付のJournal of Neuroinflammation誌に掲載されました)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.