ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
SOD1変異ALSモデルマウスにおける鉄キレート剤の有効性
▽孤発性ALSおよび家族性ALSにおいて中枢神経における鉄濃度の上昇が報告されています。鉄キレート剤はALSモデルマウスにおいて治療的効果を有することが示されています

▽研究者らは、血液脳関門の透過性が良好で、毒性がなく、多機能の鉄キレート剤を開発しました。そのような化合物の1つであるVAR10303と高カロリー食を併用し、発症後のSOD1変異ALSモデルマウスに投与したところ、運動機能の改善と生存期間の延長効果がみられました

▽投与後のモデルマウスでは、中枢神経において神経栄養因子の増加やBcl-2の発現増加などがみられました。

▽以上の結果は、鉄キレート剤と高カロリー食の併用がモデルマウスにおいて神経保護作用を発揮したことを示唆しており、今後の治療法開発につながる可能性があります

(この研究はイスラエル、 Technion-Israel Institute of TechnologyのGolko-Perezらにより報告され、平成28年5月13日付のJournal of Molecuiar Neuroscience誌に掲載されました)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.