ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
細胞外のシクロフィリンAを対象とした新規治療法の可能性
▽ALSにおいては神経炎症の存在が病態の特徴です。これまで抗炎症作用を有する物質の臨床試験が行われましたが、結果は芳しくないものでした。その理由の一部として治療ターゲットがはっきりしていないことがあげられます。

▽シクロフィリンAは細胞内では有益な作用を発揮しますが、細胞外においては有害作用を有することがしられています。

▽今回、研究者らはALSの神経炎症において細胞外シクロフィリンAが重要な役割を果たすことを発見しました。細胞外シクロフィリンAはマトリックスメタロプロテアーゼ9の誘導作用を有し、運動神経細胞に選択的な毒性を発揮します

▽SOD1変異ALSモデルマウスおよび孤発性ALS患者の髄液中において高濃度のシクロフィリンAが検出されています。

▽細胞外シクロフィリンAの選択的阻害薬であるMM218を発症時点のSOD1変異ALSモデルマウスに投与したところ、運動神経保護作用と生存期間延長作用がみられました。また炎症促進性マーカーの減少や小胞体ストレスの減少、不溶性TDP-43の減少などが観察されました。

▽以上の結果は、細胞外シクロフィリンAがALSの治療ターゲットとして有望である可能性を示唆するものです

(この研究は、イタリア、 IRCCS-Istituto di Ricerche Farmacologiche Mario NegriのPasettoらにより報告され、平成28年12月23日付のJournal of Neuroscience誌に掲載されました)
スポンサーサイト
Evotec社とCelgene社がALSの新規治療法開発のため協定
・ALS NEWS TODAYの12月22日付記事からです

▽Evotec社とCelgene社はALSなど神経変性疾患の根本治療薬開発のため協定関係を結ぶことを公表しました

▽Evotec社はiPS細胞作成技術を有しており、このiPS細胞を用いて、Celgene社が開発中の治療薬候補がスクリーニングされる予定となっています

▽Evotec社の主任研究員は、既存の薬剤開発においては、適切な疾患モデルがなかったことも失敗の一因であったと考えており、iPS細胞を用いることにより、より適切な新規治療法開発が可能になることが期待されると述べています。

引用元
https://alsnewstoday.com/2016/12/22/evotec-celgene-partner-screen-therapies-als-diseases/
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.