ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
ゲノム編集で難病治療
・かなくんさんよりご提供いただいた話題です

・iPS細胞とゲノム編集技術を用いて、患者自身の遺伝子異常を修復し、再び体内に戻すことで治療的効果を期待する技術が進展しています

引用元
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/CO020891/20161212-OYTAT50014.html

・将来的にはALSにおいても、precision medicineの実現に寄与することが期待されます

・かなくんさんありがとうございました
スポンサーサイト
Brainstrom社、NurOwnの病院免除規定申請と、国際的な第3相臨床試験実施を予定
・Brainstorm社の12月19日付Press Releaseからです

▽2017年の目標として、NurOwn細胞の多国籍での第3相臨床試験の開始およびイスラエルで病院免除規定(Hospital Exemption)の申請を行いたいとしています

▽病院免除規定とは、EUやイスラエルなどにおいて、未承認薬剤へのアクセスを可能とする制度のようです

▽また、先ごろ終了した第2相臨床試験について、FDAと協議を行い、第3相試験の実施について同意を得たとのことです。第3相試験はアメリカとイスラエルの多施設で行われる予定で、2017年第2四半期にも患者募集を開始したいとしています

▽イスラエルにおいて病院免除規定の申請も予定しています。特定の病院施設において、未承認であってもNurOwn細胞の投与が可能となる制度のようです。

▽病院免除規定申請が承認された場合、2017年下半期にもこの規定によるNurOwn投与開始を行いたいとしています

引用元
http://ir.brainstorm-cell.com/phoenix.zhtml?c=142287&p=RssLanding&cat=news&id=2230460
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.