ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201610<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201612
ALSにおいて保護的作用を有する蛋白質を同定
・NEWS MEDICALの11月18日付記事からです

▽Virginia Techの研究者らは、ALSにおいて神経筋接合部の保護作用を有する可能性のある内因性物質を同定しました。この結果は最新号のThe Journal of Neuroscience誌に掲載されます。

▽その物質はFGFBP1とよばれる成長因子であり、通常筋繊維から分泌され、神経筋接合部を維持する機能を有すると考えられています

▽ALSモデルマウスでは、免疫系に関与するTGF-βの産生亢進がみられ、TGF-βにより筋線維から成長因子の分泌が阻害されていることがわかりました。TGF-βは病態進展に伴い分泌されますが、シナプスに蓄積し、FGFBP1の産生を阻害するとのことです。

▽これらの蛋白質をターゲットにし、シナプス機能を保持することにより治療的な効果が期待できる可能性があります。

引用元
http://www.news-medical.net/news/20161118/Scientists-identify-naturally-occurring-molecule-that-plays-protective-role-in-ALS.aspx
スポンサーサイト
リルゾール長期使用と予後について
・ALS NEWS TODAYの11月17日付記事からです

▽中国での観察研究の結果がFrontiers in Aging Neuroscience誌に掲載されました。

▽この研究では、2007年から2013年までの間で1540名のALS患者が3ヶ月ごとに経過観察されました。そのうちリルゾールを投与されたのは約1/3でした(中国では保険でリルゾールは使用できないとのことです)

▽リルゾール投与群において、累積投与量が16800mg以上の群と、それ未満の群で比較すると、累積投与量が多い群において、有意に予後が良好であったとのことです。

▽観察研究のため、この結果を持ってリルゾールの長期投与が予後を改善すると結論付けることはできず、その他の要因が関与している可能性が除外できませんが、長期投与の有効性については、今後の検証を要する課題となります。

引用元
https://alsnewstoday.com/2016/11/17/long-term-rilutek-use-by-als-patients-shows-benefit-in-study-in-china
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.