ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201610<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201612
脳埋込型装置の可能性
・ALS NEWS TODAYの11月14日付記事からです

▽現在開催中のアメリカ神経学会年会において、ほとんどコミュニケーション能力を失い、Locked-inの状態であるALS患者の女性が、ブレイン・コンピュータ・インターフェースを用いて周囲との意思疎通が可能となっている例が紹介されました

▽この装置は、これまで必要であった連日の装置の調整作業を必要とせず、日常生活に適応された最初の装置であると考えられています。

▽オランダの研究チームによって開発されたこの装置は、右手の動作に対応する大脳運動野の脳表に直接電極を埋め込むものであり、右手を動かすことを想像することにより、シグナルがコンピュータに送られ単語を入力するなどの動作が可能となるものです

▽症例では58歳の女性が6ヶ月間のトレーニングを経て、装置を使用している状況が報告されました。眼球運動のみが可能であるとのことですが、眼球運動装置を使用することのできない外出先においても、この装置のお陰で、コミュニケーションが可能となっているとのことです。

▽今後さらに症例数を増やしていく予定とのことです

引用元
https://alsnewstoday.com/2016/11/14/user-friendly-brain-implant-allows-locked-in-als-patient-to-communicate-article-reports
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.