ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201605<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201607
FUS変異ALS患者におけるRNA編集酵素ADAR2欠損
・こちらも郭先生らの研究グループによる報告です。孤発性ALSにおけるADAR2活性の低下が報告されてきましたが、家族性ALSでも同様の病態がみられる可能性があるとの報告です。

▽FUS遺伝子変異はALSの病因の1つとして報告されています。同時にFUS遺伝子変異は好塩基性細胞質内封入体を有する孤発性ALS患者においても報告されています。

▽孤発性ALS患者の脊髄運動神経の多くにおいて、GluA2のグルタミン/アルギニン(Q/R)部位でのRNA編集を触媒するADAR2活性の低下が報告されています。

▽今回、研究者らは、GluA2のグルタミン/アルギニン(Q/R)部位でのRNA編集活性と、FUS遺伝子変異患者のFUS陽性封入体との関連性を調べました。

▽その結果、24歳の好塩基性細胞質内封入体を有するALS患者において、脊髄運動神経細胞におけるGluA2のQ/R部位でのRNA編集活性の有意な低下と、ADAR2 mRNAの顕著な低下がみられました

▽リン酸化TDP-43陽性封入体は観察されず、ADAR2活性低下とTDP-43蓄積との強い関連はないことが示唆されました。またFUS陽性細胞質封入体とADAR2免疫活性との関連性も明らかではありませんでした。

▽以上の結果はFUS変異を有するALS患者においてもADAR2活性低下が生じることを示唆しており、このことはFUS陽性封入体の存在とは無関係に生じることを示唆しています。FUS変異ALSは孤発性ALSと共通した病態を有する可能性があります。

(この研究は、東京医科大学のAizawaらにより報告され、平成28年6月21日付のJournal of Clinical Neuroscience誌に掲載されました)
スポンサーサイト
ALSの進行、抗てんかん薬で抑制
・かきのたねさん、かなくんさんより御提供いただいた話題です。
・東大の郭先生らの研究グループより、最近日本での発売が認可された抗てんかん薬のペランパネルがALSモデルマウスにおいて治療的効果を発揮したとの報告です

引用元
http://www.eisai.co.jp/news/news201616pdf.pdf
http://www.nature.com/articles/srep28649

・今後臨床試験での有効性確認が期待されます
・かきのたねさん、かなくんさんありがとうございました
TDP-43のミトコンドリアへの局在化阻害により神経毒性が改善
▽TDP-43遺伝子変異はALSの原因となります。細胞質におけるTDP-43の増加は変性神経における組織学的特徴です。しかしながらTDP-43が病態に果たす役割は十分にわかっていません

▽今回、研究者らは、神経細胞のミトコンドリアへのTDP-43の蓄積がALSないし前頭側頭型認知症患者にみられることをみいだしました。疾患に関連したTDP-43変異はミトコンドリア局在化を増加させました。

▽ミトコンドリアにおいては、正常TDP-43および変異TDP-43蛋白質は主として、呼吸鎖複合体IのサブユニットであるND3およびND6をコードする、ミトコンドリアで転写されたメッセンジャーRNAに結合し、その発現を阻害することがわかりました。

▽TDP-43のミトコンドリアへの局在化を阻害したところ、ミトコンドリアの機能異常が改善し、運送神経細胞喪失が軽減し、モデルマウスにおいて症状改善がみられました。

▽以上の結果は、TDP-43のミトコンドリアへの直接的な毒性を明らかにするものであり、TDP-43のミトコンドリアへの局在化をターゲットにすることが有望な治療法となりうる可能性を示唆しています

(この研究は、アメリカ、Case Western Reserve UniversityのWangらにより報告され、平成28年6月27日付のNature Medicine誌に掲載されました)
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.