ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201601<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201603
脳内運動神経細胞に選択的に遺伝子を運搬する方法を発見
・2月2日付ALS NEWS TODAYの記事からです

▽研究者らは初めてALSモデルマウスにおいて、脳内の運動神経細胞に選択的に遺伝子を導入することに成功しました。ALSにおける遺伝子治療の発展において重要な一歩といえます

▽Nature Gene Therapy誌に掲載された報告によると、研究者らは7種類の異なるアデノ随伴ウイルスベクターを調べました。その結果AAV2-2型が他のベクターと比較して効率的に運動神経細胞に遺伝子を運搬することができることがわかりました

▽蛍光標識した遺伝子をこのウイルスで導入したところ、ALSモデルマウスの運動神経細胞に特異的に遺伝子導入が成功したことが確認されました。遺伝子が導入された細胞の70%が上位運動神経細胞でした。この選択性がないと、上位運動神経細胞への遺伝子導入率は1%程度になります。

▽今後、実際に治療的に機能する遺伝子を用いて、さらに研究を進めたいとしています

引用元
http://alsnewstoday.com/2016/02/02/genes-selectively-delivered-to-brain-motor-neurons-in-als-mouse-model/
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.