ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201510<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201512
Ibudilastの第2a相臨床試験が近日開始予定
・ALS NEWS TODAYの11月16日付記事からです

▽MediciNova社は、ALSのバイオマーカーに対するMN-166(ibudilast:商品名ケタス)の効果を検証するための第2a相臨床試験について、FDAが開始を承認したことを公表しました

▽この第2a相臨床試験は単施設で、オープン試験を行われ、15名ほどのALS患者が対象となり、脳内のミクログリアの活性化を減弱させる効果があるかどうかが検証されます

▽ミクログリアの脳内での活性化の程度は、PETを用いて測定され([[11]C]-PBR28-PET)、ibudilastは50mgずつ1日2回投与されます。試験期間は36週間です。

▽二次尺度は忍容性、安全性、有効性(ALSFRS-R、SVCなど)などです。

▽MN-166は、ホスホジエステラーゼ4と10の阻害薬であり、炎症促進性サイトカインを抑制するマクロファージ遊走阻害因子として機能し、ALSに対して治療的効果が期待されています。

▽さらには、toll-like receptor 4(TLR4)の機能的な拮抗作用を有し、神経炎症を抑制することが期待されています。

・第2a相臨床試験の結果が期待されます

引用元
http://alsnewstoday.com/2015/11/16/new-als-study-ibudilast-patients-set-start/
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.