ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201508
ラパマイシンはALSモデルショウジョウバエの病態を緩和する
▽TDP-43はRNA/DNA結合蛋白質で、様々な機能を有します。同時にALSの変性運動神経細胞にみられる病的な封入体の主要構成成分でもあります

▽今回研究者らは新たなALS関連TDP-43蛋白症モデルを開発し、ALS類似の病態が再現されることを確認しました

▽同時に自食賦活作用を有するラパマイシンを投与し、治療効果について検討しました。

▽健常ハエに対してラパマイシンは有害な物質ですが、病態発症前にALSモデルショウジョウハエにラパマイシンを投与した結果、TDP-43凝集体を有する神経細胞数の減少と、運動機能障害の緩和作用などが確認されました

▽今回開発されたALSモデルショウジョウバエにより、TDP-43蛋白症における治療薬候補のスクリーニングのための有用な手段が得られました。同時に自食賦活作用を有するラパマイシンなどの薬剤が、TDP-43蛋白症による神経変性疾患において、有用な治療薬候補となる可能性が示唆されました。

(この研究は、台湾、Academia SinicaのCW Chengらにより報告され、平成27年7月29日付のJournal of Neurogenetics誌に掲載されました)
引用元
http://informahealthcare.com/doi/abs/10.3109/01677063.2015.1077832
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.