ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201508
VCP関連蛋白症モデルマウスにおいて食餌中脂質量の微調整により病態改善効果
▽valosin containing protein(VCP)遺伝子の変異は、ALSやIBMFD(骨性Paget病、遺伝性封入体筋炎、前頭側頭型認知症の合併)などの神経筋疾患の病因となります。

▽今回、研究者らは、VCP変異モデルマウス(ホモ接合体およびヘテロ接合体)を用いて、高脂肪食の影響について調べました。

▽その結果、通常よりも9%ほど脂質の多い食餌を生後から15ヶ月間与えた場合、ヘテロ接合体のモデルマウスにおいて、筋力改善、自食シグナル経路の改善を認めました。

▽一方で、脂質含有量を12%、30%、48%と増やした結果、いずれの量においても、ホモ接合体、ヘテロ接合体モデルマウスにおいて、治療的効果は認めませんでした。

▽以上の結果は、食餌中の脂質含有量を適度に微調節することにより、VCP関連多系統蛋白症において、治療的効果が期待できる可能性を示唆するものです。過剰な脂質投与は、治療的ではない可能性があります。

(この研究はアメリカ、University of California IrvineのLlewellynらにより報告され、平成27年7月2日付のPLoS One誌に掲載されました)
引用元
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0131995
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.