ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201408<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201411
東大、筋組織から人工の指作製 ALSなど治療に活用へ
かなくん さんよりご提供いただいた情報です。
ありがとうございます。

日経電子版10月24日の記事です。
引用元 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24030_U4A021C1CR8000/

東京大学生産技術研究所の竹内昌治教授らの研究グループが、筋肉組織を培養し、立体構造を有する拮抗筋モデルを構築することで、世界で初めて、電気信号により長時間駆動することができる人工筋肉の作成に成功したとのことです。

詳細については以下もご参照ください。
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/publication/topics/2014/20141024press1.pdf

人工的な呼吸筋の移植などが実現すれば、様々な病気の予後が大きく変化するかもしれません。
今後神経筋疾患に対する実用化が期待されます。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.