ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201305<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201308
Zenigataさんからの情報です。
■ Brainstorm 第2a相進行状況
本日2013年6月10日、12人中8番目の患者の手術が完了したとのこと。この12人は4人ずつ3グループに分かれているので、第2グループが完了した事になる。9月末までには全員の手術を完了させるとのことです。(そのあと観察期間がMaxで6ヶ月あると思われます。)
(走れ、Brainstorm!!)
http://www.brainstorm-cell.com/index.php/news-a-events/company-news/260-june-10-2013

■ Neural Stem NSI-566には免疫抑制剤
2012年4月12日の少し古い記事ですが、NeuralStemのNSI-566の第1相治験で免疫抑制剤が使われており、治験参加者にとって手術後に投与される免疫抑制剤の方が問題だったとのことです。参加者12人中2名はあまりの副作用に耐えられず、免疫抑制剤を中止してしまったとのことです。
先日お話ししましたがNSI-566は手術後700-800日経過後も効果が持続し、あまり症状が進行しない患者や、改善している患者が居る反面、効果がなかった人も居ます。NSI-566は堕胎された胎児の幹細胞が使われており、患者由来の細胞でないため拒絶反応が起こってしまいます。

患者由来の細胞でNSI-566と同じデザインの治療法も後追いで出てくれば、より効果があると思われます。
http://blogs.als.net/post/2012/04/12/Neuralstem-surging-immunosuppression.aspx

Brainstormについて、

FDA承認後、日本ですぐ治療を開始してもらうために我々でなにかできないでしょうかね?自己費用負担なら、どこかの病院がライセンスを取ってくれればできるはずです。保健内診療にしてもヨーロッパは通常2.7ヶ月遅れで承認するので、日本でも近い日数で承認してもらわなければなりません。(日本は41ヶ月遅れだそうです。)
少なくとも、生死にかかわる状況を目の前にして「事務手続き」は理由にならないと思います。超法規措置があっても良いとおもいませんか?

Zenigata
--------------------
*出来るだけ皆さんが金銭的・体力的・精神的負担を少なくしたいと思います。医師並びに関係者の皆さんの協力が必要です。どうすればよいかお知恵を貸してください。

スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.