ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201206<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201208
EM技術でALSが治る?
みなさん、こんにちは、
こんなホームぺージを見つけたのですが、どなたか詳しいことを知っている方はいらっしゃいますか?

対談:比嘉照夫氏×中西研二
『沖縄のホテルコスタビスタの中にあるスパでも難病対策にあたっているんですよ。ベーチェット病なども初期のものならば治せますし、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病などかなりのレベルで効果を上げています。』
http://joy-healing.jp/readings/special/13.html
沖縄にいらっしゃる方で行ったことがある人は、教えてください。お願いします。
スポンサーサイト
マウスの脳細胞新生に成功 神経の再生医療実現に道
生きたマウスの脳内で新たな神経細胞をつくることに、東京大分子細胞生物学研究所の後藤由季子教授(分子生物学)のチームがマウスの実験で成功し、15日付の米科学誌ネイチャーニューロサイエンス電子版に発表した。
 脳の神経細胞をつくる幹細胞の働きは胎児期にほぼ終わり、出生後しばらくしてから事故や病気で脳を損傷すると元の状態には戻らないと考えられてきた。後藤教授は「神経の再生医療の実現につながる成果だ」としている。
 チームは、胎児の脳の神経幹細胞で活発に働き、出生後すぐに働かなくなる「HMGA」という遺伝子に着目。生後数日のマウスの大脳にある神経幹細胞にHMGAが働き続けるようにする遺伝子を導入すると、失われていた神経細胞をつくる能力が復活することを確認した。
筋萎縮性側索硬化症を患っている患者のヒト神経幹細胞の最初の移植を行った
イタリアからのニュースです。
筋萎縮性側索硬化症を患っている患者のヒト神経幹細胞の最初の移植を行った
http://goodnews.ws/blog/2012/06/30/effettuato-il-primo-trapianto-di-cellule-staminali-cerebrali-umane-su-paziente-affetto-da-sclerosi-laterale-amiotrofica-sla-2/?lang=ja
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.