ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201202<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201204
神経幹細胞:皮膚から直接作成…iPSより早く 慶応大
ヒトの皮膚細胞から直接、神経のもとになる細胞(幹細胞)を作ることに、慶応大の赤松和土講師と岡野栄之教授が成功した。さまざまな組織になる能力を持った人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作って神経幹細胞に分化させる方法では半年かかるが、約2週間に短縮でき、安全性も高い。脊髄損傷患者への治療に応用できる可能性が広がるという。28日付の米誌「ステム・セルズ」(電子版)に論文が掲載された。
 岡野教授らはiPS細胞作成に必要な4種類の遺伝子を皮膚細胞に入れ、培養に使う物質を7日後から3日間だけ別の物質に切り替えることで神経幹細胞を作った。
 これまでに、iPS細胞から作った神経幹細胞を、人為的に脊髄を傷つけて歩けなくしたマウスなどに一定期間後に移植し、歩けるようになることを確認している。効果が見込める移植時期はマウスの場合7~10日後、ヒトは2~4週間後とみられる。従来は神経幹細胞作成に半年かかったため、あらかじめ他人の細胞で作ったiPS細胞や神経幹細胞を用意しておく「細胞バンク」が不可欠とされた。今回の手法ならバンクは不要で、拒絶反応のない自分の細胞を使える利点もある。

スポンサーサイト
ALS治療薬『TDI132(Gilenya)プロジェクトの概要』
NPO法人バイオテクノロジーALS治療開発研究所は、ALS患者の人々に安全性と忍容性をテストするにはTDI132(Gilenya)の第2相臨床試験を行うため2012年初めに計画を発表しました。臨床試験は2012年末に開始する予定しており12ヶ月間にわたり250人の参加者を求めております。

MDA/ALS NEWSmagazine(英文ですが、翻訳サイトを利用して読んでください)
http://alsn.mda.org/news/als-tdi-webinar-tdi-132-project-overview
神経細胞の変化可視化に成功 京大グループ、分子レベルで解析
物事を記憶する際に起こる神経細胞の形態変化を可視化することに、京都大理学研究科の平野丈夫教授と大学院生の田中洋光さんのグループが成功した。記憶のメカニズムを分子レベルで解析したり、アルツハイマー病などの神経変性疾患の発症機構解明に役立つといい、米科学誌セル・リポーツで23日発表する。
 ラットの脳の神経細胞を電気で刺激して記憶が成立する状態にした上で、目印の蛍光物質をつけた分子を高精度で観察できる全反射顕微鏡を用いて直接観察した。
 記憶の形成には、神経細胞で、神経伝達物質グルタミン酸と結合して情報を伝えるAMPA受容体が増えることが重要。 神経細胞の細胞膜(シナプス後膜)に細胞内から特定のタイプのAMPA受容体が集まり、続いて細胞膜沿いを通って別のタイプのAMPA受容体が集まっていた。異なるタイプの受容体が違うタイミングと経路で集まることが今回初めて分かった。
 平野教授は「神経伝達物質を出すシナプス前部なども観察し、記憶のメカニズムの解明にさらに迫りたい」と話している。

京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20120323000017
脳細胞刺激し記憶呼び起こす=マウス実験で成功
マウスの脳で記憶を担う「海馬」と呼ばれる部分にある脳神経細胞を人為的に活動させ、足に軽いショックを受けた記憶を呼び起こすことに成功したと、理化学研究所脳科学総合研究センター長の利根川進米マサチューセッツ工科大(MIT)教授らが22日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 記憶が特定の脳神経細胞ネットワークに存在することを実証した意義があり、この動物実験の手法は精神神経疾患や神経変性疾患の詳細な仕組みを解明するのに役立つという。

理化学研究所プレスリリース
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2012/120323/index.html
信大病院内連携で再生医療拠点に 脂肪に含まれる幹細胞活用
信大病院(松本市)は2012年度、脂肪に含まれる幹細胞を使った再生医療プロジェクト(3年間)に着手する。循環器内科と心臓血管外科が中心となり血管再生治療の臨床応用を目指すほか、整形外科、泌尿器科、形成外科などで動物を使った基礎研究を始める。脂肪幹細胞は、採取する際の患者の負担が少なく、拒絶反応もないため、再生医療の細胞源として期待されている。複数の診療科・部門が協力し、脂肪幹細胞を使った国内有数の再生医療拠点を目指す。
 脂肪に含まれる幹細胞は、血管、骨、心筋、神経などに分化する「脂肪組織由来幹細胞(ADSC)」。現在再生医療に主に使われている骨髄細胞は、採取する際に全身麻酔が必要で、患者の負担が大きく、採れる量も限られていたが、ADSCは局所麻酔だけで大量に採取できる。
 プロジェクトは初年度、国の補助金3150万円を受け、循環器内科、心臓血管外科、閉塞(へいそく)性動脈硬化症先端治療学講座のチームが、ADSCを使った虚血性心疾患や閉塞性動脈硬化症の再生治療実現に取り組む。共同研究者の名古屋大病院の臨床研究計画が現在、厚生労働省の審査委員会で審査中で、その承認後に信大も申請し、承認され次第着手する。治療時に余ったADSCを信大病院内の先端細胞治療センターで保存し、「細胞バンク」を構築する計画もある。
 整形外科、泌尿器科、形成外科では、これまで取り組んできた骨髄細胞による再生治療のノウハウを生かし、ADSCから骨・軟骨や尿道括約筋、乳房などを再生・再建する基礎研究をする。医学部から参加する組織発生学講座では、ES(胚性幹)細胞やiPS(人工多能性幹)細胞の研究成果を基に、膵臓や肝臓を再生する研究を担う。
 プロジェクトのメンバーは年数回集まり、研究の現状を報告し合う予定。代表の池田宇一・循環器内科教授は「メンバー間でノウハウを共有し刺激し合うことで研究も進む。拠点形成を確実に進めたい」と話している。

奈良先端大,新培養法で脊髄損傷治療[ ヒトiPS、マウスで]
 ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を新たな培養法で神経のもとの細胞に変え、脊髄損傷のマウスに移植して高い治療効果があったと、奈良先端科学技術大学院大や英ケンブリッジ大などの研究チームが15日までに米科学誌ステム・セルズ電子版に発表した。
 ヒトiPS細胞を利用したマウスの脊髄損傷治療は慶応大と京都大の研究チームが成功しているが、奈良先端大の中島欽一教授らによると、移植に有効な神経幹細胞を選抜しやすく工夫し、9匹中5匹が体重を支えて歩けるようになったという。

詳細:iPS細胞(新型万能細胞)から作った神経のもとになる細胞(神経幹細胞)を脊髄損傷のマウスに移植し、症状を回復させることに、奈良先端科学技術大学院大の中島欽一教授らのグループが成功した。神経幹細胞の純度を高めて移植する方法で、移植後にがん化するといった異常の起きる恐れは少ないとしている。15日の米科学誌「ステムセルズ」電子版に発表した。 グループは、人のiPS細胞を神経幹細胞へ変化するように培養。顕微鏡を使って神経幹細胞だけを選別し、さらに培養するという操作を20回繰り返し、純度を高めた。拒絶反応を起こさないマウス9匹の脊髄を傷つけ、1週間後に神経幹細胞を移植。マウスは後ろ脚を引きずっていたが、移植から7週間後には、5匹が後ろ脚で体重を支えながら歩けるまで回復した。
 慶応大の岡野栄之教授らも昨年秋、iPS細胞から作った神経幹細胞で脊髄損傷を治療するマウスの実験に成功したと発表したが、培養方法が今回と異なるという。

1日数粒のベリー、脳機能の改善効果 米研究
1日数粒のベリー摂取が精神機能低下など、加齢に伴う疾患の予防に役立つとする研究が、米専門誌「Journal of Agricultural and Food Chemistry(農業・食品化学ジャーナル)」に掲載された。
 研究は前週、米国化学会(American Chemical Society)が発表した。イチゴやブルーベリー、ブラックベリーなどのベリー類の摂取が鮮明な記憶の維持に役立つとともに、ベリーに含まれる抗酸化物質が、有害なフリーラジカルから細胞を保護するのに役立ち、精神機能低下を予防すると論文は結論づけている。
 また、研究チームは、ベリーが動物やヒトの認知機能に及ぼす影響を調べた論文群を再検討した結果、ベリーには、ニューロン(神経細胞)の情報伝達方法に変化を及ぼす作用があることを突き止めた。これが結果的に脳の保護に役立っていた。
 このニューロンの変化は、運動制御や認知機能を向上させるだけでなく、ニューロンを損傷させる脳内の炎症を予防する効果もあった。
 過去の研究では、ベリー類が脳内の毒性物質を清掃しリサイクルする「ハウスキーパー(世話係)」として活動し、記憶障害を予防する効果があることも分かっている。(c)Relaxnews/AFPBB News

わかさ生活のナノベリー『ブルーベリーアイには脳神経保護に役立つ、DHA・イチョウ葉・レシチンが配合されております。』
http://www.wakasa.jp/blueberryeye/?cid=ichiran46120216
わかさ生活のブルーベリーアイ純粋タイプ
http://www.wakasa.jp/blueberryeye/junsui/?cid=ichiran143120216
ROCK阻害剤ファスジルで脊髄性筋萎縮症マウス生存が大幅に改善する
マウスモデルでRhoA/Rhoキナーゼ (ROCK) 阻害剤Y-27632の脊髄性筋萎縮症(SMA)治療効果を示した研究チームによる新たな研究の結果、既に販売/臨床試験段階にあるROCK阻害剤Fasudil(ファスジル)のSMAマウス生存改善効果が確認されました。

*脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy: SMA)とは、脊髄の運動神経細胞(脊髄前角細胞)の病変によって起こる神経原性の筋萎縮症で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と同じ運動ニューロン病の範疇に入る病気です。
リボソームの仕組み解明 新潟大教授ら
新潟大学理学部の内海利男教授(58)=分子生物学=と北海道大の研究チームは、細胞の中でタンパク質をつくる小器官「リボソーム」が、タンパク質の材料を取り込む仕組みを初めて解明した。
外側の成分が腕を伸ばすようにして、効率よく材料の物質を取り込んでいた。
2月に米国科学アカデミー紀要「PNAS」オンライン版に掲載された。
人など全ての生命体に存在しているリボソームの仕組みが明らかになったことで、生命の起源や進化に関する研究の発展や、がん治療や薬の開発などへの応用が期待される。

これでALS治療薬への道筋が立ち始めました。
神経管をつくるには周囲の細胞の動きも重要
脳や脊髄といった中枢神経系は、受精後、体の形が作られるごく初期の段階で「神経管」と呼ばれるチューブ状の構造から形成されます。この神経管の形成が上手くいかないと、脳や脊髄の形成異常の原因となります。基礎生物学研究所の上野直人教授、森田仁研究員らは、アフリカツメガエルを用いた研究により、神経管の形成には、神経にならない周囲の組織の細胞運動が必須であることを具体的に明らかにしました。この成果は、専門誌Developmentにて発表されました。神経管閉鎖不全の細胞、組織レベルでの原因解明に寄与する成果です。

詳細は、基礎生物学研究所のプレスリリースを参照してください。
http://www.nibb.ac.jp/press/2012/03/5.html
切れた神経細胞、再生の可能性も
中日新聞社2012年3月5日

切れた神経細胞を再生させる働きのあるタンパク質を、名古屋大大学院理学研究科の松本邦弘教授(生体調節論)や久本直毅准教授(同)らのグループが、体長1、2ミリの線虫を使った実験で発見した。英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」の電子版に4日、発表した。
 ヒトでは、切断された神経細胞が再生する例は少ない。研究がさらに進めば、半身まひを引き起こす脊椎損傷で傷ついた神経細胞を再生させられる可能性がある。
 発見したタンパク質は神経細胞の外にあるタンパク質「SVH1」と内部にある「SVH2」の2種類。
 グループは遺伝子操作で線虫の体内で両タンパク質が多く合成されるように遺伝子操作して線虫の神経細胞を切断。その結果、通常の線虫の神経細胞は切断されたときに5%程度しか再生しないのに対し、遺伝子操作した線虫の神経細胞は40~60%が再生した。
 さらに、両タンパク質が再生にどう作用しているか分析。細胞外にあるSVH1が細胞膜上にあるSVH2に結合して信号を送り、再生が進むことが分かった。
 2つに似たタンパク質はヒトの体内にも存在するが、ヒトでは量が少ないため、再生能力が低いと考えられている。久本准教授は「外部からタンパク質を投与すれば、神経の再生を進められる可能性がある。人への応用も可能になるかもしれない」と話している。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.