FC2ブログ
ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201902<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201904
ALS臨床試験のまとめ
常にこの記事がトップにくるように設定しています。

・臨床試験に関する記事がバラバラなので、まとめてみました。以前別のまとめ用サイトをwixで作ってみたのですが、使い勝手が悪く放置状態となっていましたので、こちらの記事がトップにくるようにして、世界中で行われているALSに関する臨床試験について最新の情報となるようにしたいと思います(2019年3月1日現在)

現在予定されているないし進行中の第3相試験(および第2/3相試験)

REFALS試験 :レボシメンダン

タウロウルソデオキシコール酸(商品名:ウルソ)

カンナビノイド:痙性に対する有効性の検証です

ibudilast(商品名:ケタス)

高用量メコバラミン

Masitinib

Arimoclomol

NurOwn細胞 :自家間葉系幹細胞移植です

deferiprone(鉄キレート剤)

現在予定されている、ないし進行中、ないし終了後間もない第2相ないし第1/2相試験

CNM-Au8 :エネルギー代謝改善

遺伝子組み換えヒトエリスロポイエチン

Fasudil

ezogabine

RNS60

コルヒチン

イノシン

rasagiline

IPL344

ILB

低用量IL-2

IONIS-SOD1Rx

L-serine

NSI-566

IC14

Triheptanoin

ヒト胎児由来アストロサイト移植(AstroRx)

ranolazine

高用量ビオチン

リチウム+バルプロ酸

NP001

ラパマイシン

ピモジド

guanabenz

ペニシリンG+コルチゾール

VM202

自家脂肪組織由来間葉系幹細胞移植

AMX0035

メキシレチン

CK-2127107

FLX-787

副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン

自家骨髄幹細胞移植

ペランパネル

Q cell

自家間葉系幹細胞移植

HGF

ルナシン レジメン

tocilizumab

ロピニロール

IPL344

EPI-589

抗レトロウイルス製剤(Triumeq)

GM604

アルブミン製剤による血漿交換療法

*********************************

<当サイトに掲載されている情報について>
2014年10月20日以降の記事は管理人HIDEが個人的に海外のサイトから集めた情報を翻訳したものです。
医師ですので、第2相試験までの結果のみで特定の薬物を推奨したりすることはなく、むしろ良い結果が得られた場合でも慎重に記載するようにしています。
文章力がありませんので、専門用語をサイエンスライターのように平易に説明することができません。
内容が難しいところもあるかと思いますが、なるべく間違ったことを書かないために、ほぼ専門用語のままにしていますことをご了承ください。
スポンサーサイト
TDP-43凝集を減少させる抗体が動物実験で治療効果
・ALS NEWS TODAYの2月8日付記事からです

▽The Journal of Clinical Investigation誌に掲載された報告によると、ウイルスベクターを用いてTDP-43をターゲットとする抗体を注入したところ、モデルマウスにおいて治療的効果が観察されたとのことです

▽研究者らはTDP-43蛋白質のRRM1ドメインと呼ばれる領域に特異的に結合する抗体を開発しました。

▽ウイルスベクターを用いてALSモデルマウスに抗体遺伝子を注入したところ、細胞質内凝集体の減少や症状緩和効果が観察されました。今後、直接抗体を髄液中に注入する等、ウイルスベクターを使用しない治療法を開発したいとしています

▽予備的な結果ですが、今後の実用化に向けて進展が期待される治療法です。

引用元
https://alsnewstoday.com/2019/02/08/antibody-eases-symptoms-lowers-tdp-43-buildup/
ヒト間葉系幹細胞のクモ膜下腔移植および筋注の併用はALSモデルラットにおいてネクロプトーシスを減少させる
▽ALS治療においてヒト間葉系幹細胞移植が注目されています。

▽今回研究者らはSOD1変異モデルラットを用いて、ヒト間葉系幹細胞の投与経路による違いを検証しました

▽ヒト間葉系幹細胞のクモ膜下腔注入ないしヒト間葉系幹細胞馴化培地のクモ膜下腔注入ないしヒト間葉系幹細胞筋注ないしクモ膜下腔注入と筋注の併用の4つの投与経路が検証されました

▽また、3つの主要な細胞死経路(ネクロプトーシス、アポトーシスないし自食)に対する影響も調べられました

▽全ての投与方法において、モデルラットの生存期間延長効果がみられました。さらに、筋注とクモ膜下腔投与の併用群においては、運動神経細胞の生存期間延長効果、神経筋接合部の機能保持、ネクロプトーシス関連蛋白質の減少、アポトーシス関連蛋白質(cl-casp9)の減少、自食関連蛋白質(beclin 1)などが観察されました

▽以上の結果は、ヒト間葉系幹細胞のクモ膜下腔注入および筋注投与の併用がアポトーシスや自食を抑制するのみならず、ネクロプトーシスも抑制し、治療的効果をもたらすことを示唆しており、今後の臨床応用において考慮すべき結果となります

(この結果は、チェコ、Czech Academy of ScienceのRehorovaらにより報告され、平成31年2月25日付のStem cells translational medicine誌に掲載されました)
C9orf72遺伝子変異ALSの病態機序について
▽Mayoクリニックの研究者らがScience誌に公表した研究結果によると、C9orf72遺伝子変異ALSにおいて、異常転写産物であるジペプチド繰り返し配列蛋白質などがもたらす細胞内異常の病態が明らかになりました。

C9orf72遺伝子のイントロン領域の6塩基繰り返し配列の過剰伸長により、開始コドンを介さないリピート関連翻訳が生じ、その結果ジペプチド繰り返し蛋白質が産生し病態に関与することが知られています。

▽研究者らは、蛍光標識したPRジペプチド繰り返し配列蛋白質(50回繰り返し)を発現するモデルマウスを開発し、病態への関与を調べました

▽その結果、ヘテロクロマチンに局在化したPR繰り返し蛋白質がDNAに結合し、HP1α(ヘテロクロマチン蛋白質1α)の液相転移を阻害し、発現低下をもたらし、ヒストンメチル化異常などをもたらすことがわかりました。

▽ヘテロクロマチン構造と遺伝子発現を制御するこれらの核内構造物の異常は、繰り返し生成し、二本鎖RNAの蓄積を伴うことがわかりました。

▽以上の結果は、C9orf72遺伝子変異ALSにおいてPRジペプチド繰り返し蛋白質が病態に関与していることを示唆するものです

(この研究はアメリカ、MayoクリニックのZhangらにより報告され、平成31年2月15日付のScience誌に掲載されました)
アデノシン受容体とALSモデルマウス
▽ALSにおいて近年プリン体代謝経路の病態への関与が注目されています。

▽今回、研究者らはアデノシン受容体に対するアゴニストないしアンタゴニストがSOD1変異ALSモデルマウスの病態に与える影響を調べました

▽その結果、アデノシン受容体2Aアゴニストおよびアンタゴニストは病態を変化させることはありませんでした

▽一方でアデノシン受容体1に対する発症前からの阻害剤投与は有意な進行遅延効果をもたらしました。

▽アデノシン受容体のサブタイプによっては受容体修飾が治療的効果を有する可能性があり、今後の検証が期待されます

(この研究は、イタリア、Istituto Superiore di SanitàのArmidaらにより報告され、平成31年2月12日付のNeurochemical research誌に掲載されました)
ALSモデルマウスに対する骨髄単核球移植
▽今回研究者らはSOD1変異ALSモデルマウスを用いて、骨髄単核球移植の有効性について、複数の投与経路により検討しました

▽骨髄単核球は健常マウスから採取され、経静脈的投与、ないし筋注投与、ないし経静脈および筋注投与の併用の3通りの方法で投与されました

▽その結果、経静脈投与および筋注投与単独では治療的効果はみられませんでした。しかし経静脈および筋注投与を併用した場合、進行遅延効果が観察されました

▽投与経路を併用した場合、脊髄ミクログリア細胞の減少と、神経筋接合部の保持が観察されました。運動神経細胞喪失は防ぐことができませんでした。

▽以上の結果は、ALSに対する細胞移植治療を考慮する際に、複数の投与経路を検討するほうが望ましい可能性があることを示唆するものであり、今後の臨床試験での検証が期待されます

(この研究はブラジル、Universidade Federal do Rio de JaneiroのGubertらにより報告され、平成31年2月5日付のBrain Research誌に掲載されました)
SARM1をターゲットとする遺伝子治療が動物実験で有望な結果
・ALS NEWS TODAYの2月6日付記事からです

▽SARM1蛋白質の機能を阻害する遺伝子治療が軸索損傷を防ぐ効果を有することが動物実験で報告されました。この研究はワシントン大学の研究者らによりJournal of Experimental Medicine誌に公表されました。

▽これまでにSARM1蛋白質は軸索変性において主要な役割を有することが報告されていました。SARM1はNAD+の代謝に関与しています。SARM1遺伝子の変異によりエネルギー喪失と軸索変性が阻害されることがわかっていました。

▽今回、研究者らはアデノ随伴ウイルスベクターを用いる方法により、軸索損傷モデルマウスのSARM1遺伝子に点変異を導入し、機能的な蛋白質が生成しないようにしました。その結果、軸索変性を防ぐことができたとのことです。

▽ビンクリスチンにより損傷を受けた神経細胞において、正常なSARM1蛋白質が存在するとNAD+濃度が減少しましたが、変異を導入したところ、NAD+濃度が保持されました

▽以上の結果は、ALSなどの神経変性疾患における軸索変性においても治療的に応用できる可能性があり、今後の進展が期待されます

引用元
https://alsnewstoday.com/2019/02/06/gene-therapy-targeting-sarm1-protein-may-inhibit-neuron-degeneration-mouse-study/
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.